祇園祭に(Ⅲ)

717日 

いよいよ山鉾巡行当日。晴天に恵まれました!


京都・清遊の会の皆さまもたくさんの方々がお越しになったのではないでしょうか。


当日は四条室町、函谷鉾近くの二階から見学しましたので、

新町周辺の山鉾のみですが、ごらんください。

15日宵々山の町会所の様子もあわせてご紹介いたします。

まず長刀鉾から。

①長刀鉾.jpeg

②長刀鉾お囃子.jpeg


囃子方の息もぴったり、向きもぴったりです!

ちなみに長刀鉾の長の字は織田信長が書いたと言われているそうです。


③三条小鍛冶宗近.jpeg
大屋根後部の蟇股に、長刀鉾の名の由来となった三条小鍛冶宗近の像が見えました。

小鍛冶宗近が神剣を鋳造する姿を写したものと伝わります。


では巡行の順番に…
放下鉾が見えました。

④放下鉾.jpeg


写真ではわかりづらいのですが、稚児人形「三光丸」が人形方によって稚児舞を演じています。


⑤放下 稚児舞.jpeg
放下鉾といえば、洲浜形の鉾頭。
逆から見るとミッキーマウスの顔のような紋ゆえに親しみを感じてしまいます。


⑥放下 提灯.jpeg
放下鉾の町会所があるのは古風な町名をもつ小結棚町。
町会所は京都市の有形文化財の指定を受けています。


⑦放下 町会所.jpeg
会所には唐子が庭園に戯れる賑やかな図の見送りなどが飾られていました。

⑧放下 会所内部.jpeg


⑨放下.jpeg


今は皆川泰蔵作の「バクダッド」が巡行に使われていますね。

同じく皆川泰蔵デザインのフクロウの金具も見事です。


⑩放下皆川泰蔵.jpeg


⑪皆川泰蔵裾金具.jpeg
下水引は高山寺に伝来した国宝の絵巻「華厳宗祖師絵伝」の四場面を織り出したもの。


⑫放下 華厳宗.jpeg
写真は新羅へ帰る義湘を慕う善妙が龍と化して海に身を投じた場面でしょうか。

詳しくは、堤講師の「京都・世界遺産手帳 高山寺」をご参照ください本


次は岩戸山。天岩戸伝説と国生みの神話を趣向としています。

⑬岩戸山.jpeg
大屋根に安置されたご神体の伊弉諾尊像が見えました。

確かに走る姿勢、金色の眼をむいて…迫力です。


⑮岩戸伊弉諾尊イザナギノミコト.jpeg
天照大神と手力男命のご神体は山洞内に。

鳥居に長鳴鳥がとまっています。
そのため岩戸山は真松には何もつけないのだそうです。

⑭岩戸山 (2).jpeg


屋根下の前面には金の雲を背に戦う素戔嗚尊。
⑯岩戸山スサノオノミコト.jpeg
後面には八岐大蛇と酒瓶の彫刻。

⑰八岐大蛇と酒瓶.jpeg


身を乗り出して踏ん張って撮りました!
ちょっと怖かったです。


新町通の一番南ですから、山の上からは、
船鉾、放下鉾、南観音山などが1列に見通せます。

誰かさんなら到底できなかったでしょう。



ユニークな蟷螂山はいつも人気です。

蟷螂山.jpeg


CIMG0225.jpeg
今年は、町内で蟷螂がくるりと回って引いてくれるおみくじをいただいてきました。


船鉾が姿を見せました。

偉容というか、異様というか…。
さすが出陣の船!豪華絢爛です。
⑱船鉾 鷁.jpeg


⑲船鉾.jpeg
船首は想像上の瑞鳥、鷁(げき)。
大舵は見事な螺鈿の飛龍。

⑳大舵.jpeg


御神体は神功皇后。
21船鉾 御神体.jpeg
そして住吉明神、鹿島明神、龍神安曇磯良。

22船鉾御神体.jpeg
会所飾りも厳粛な雰囲気でした。


船鉾をご紹介しましたので、
今年復興の話題でにぎわう大舩鉾を。


23 大船鉾.jpeg
綾小路通をはさんでお隣の四条町の大舩鉾の居祭風景です。


24大船.jpeg
大舩鉾は船鉾が出陣の船であるのに対し、凱旋の船。

現在、製作が始まっています。

復興が楽しみですね!

25大船 手ぬぐい.jpeg


北観音山、八幡山、そしてしんがりをつとめる南観音山です。

26北観音山.jpeg
27八幡山.jpeg
28南観音山.jpeg
函谷鉾が町内に帰ってきました。


29函谷鉾.jpeg
30函谷鉾嘉多丸.jpeg
間近で見ると、見事な前掛けです。

タペストリーの画題は旧約聖書アブラハムの子イサクの嫁選び。

禁教下、函谷鉾が堂々とこの図を掲げて巡行していたとは驚きです。

稚児人形「嘉多丸」像もさぞお疲れでしょう。

町内では拍手で迎えられました。


鶏鉾も帰ってきました。稚児人形もよく見えます。


32鶏鉾.jpeg
室町通を南に辻回しし、町内へと戻って行かれました。

31鶏.jpeg


そして菊水鉾は室町通を北へ上がります。


33菊水鉾.jpeg
各町内では無事の帰還に安堵されていることでしょう。

本当にお疲れさまでした。

天候に恵まれ、今年は最高の山鉾巡行でした。

また来年をお楽しみに!!

“祇園祭に(Ⅲ)” への1件の返信

  1. このページにある岩戸山の写真を番組で
    使わせて頂けないでしょうか?
    お返事、メールでいただけますと有難いです。
    ご検討よろしくお願い致します。
               池田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です