平泉と萩

爽やかな秋の訪れを感じさせる頃となりました。

10月18日の「堤先生を慕う会」は予定通り行わせていただきます。気をつけてお越しください。

夏の暑さに疲れきった頃、萩がこぼれるような可憐な花を咲かせます。先日訪れた平泉・毛越寺(もうつうじ)では萩が見頃でした。

京都からは遠いのですが、堤先生から「義経の嘘」というタイトルで講義をしていただいたことがありました。

平泉といえば栄華を誇った奥州藤原三代が築いた奥州最大の政都。その仏国土をあらわすといわれる中尊寺金色堂。そして何といっても中心は京の義経の平泉への潜行ルートのお話。そして京都にあったといわれる平泉第(だい)。

地図と資料を駆使し京都と平泉を行ったり来たりしながら、歴史の謎を探り、解き明かしてゆかれるそのお話にどんなにわくわくしたことでしょう!

その講義を聴いて以来、平泉は憧れの、いつか訪れてみたい所でした。

ミヤギノハギは、歌枕の「宮城野の萩」にちなむといわれ、宮城県の県花となっていますが、ここ岩手の毛越寺でも三種類の萩500株が植えられているそうです。

 

毛越寺の浄土庭園。澄んだ空気のなか、大泉(おおいずみ)が池をめぐりました。心地よさは大自然に包まれているからでしょうか。

延年の舞が行われるという常行堂の横には遣水(やりみず)の遺構があり、池へそそいでいます。

青楓もすこーし色づき始めています。お地蔵さまもお堂の傍らで微笑んでおられます。

中尊寺へ。

月見坂を上り奥へ。下は弁慶堂です。木の根がびっしり覆っています。

本堂の庭にも萩が咲いていました。

金色堂の荘厳に圧倒され、外へ出て境内のお堂や苔むした庭を散策するうちその興奮が静まるようでした。

京都の萩といえば梨の木神社、常林寺。先生の現地案内がありました。先生には四季折々に咲く花や紅葉の名所をたくさん教えていただきました。

そして、夏の終わりは秋の初めに、さらに秋の終わりは冬の始まりにとつながる、「あわい」の時季。「間」とあてはめてよいのかどうか……。

季節の移りかわる時を先生は敏感に感じ取っておられました。

まだ暑さが残りつつ秋へと移行してゆく、萩の咲くこの時季に、思いがけず当地で思い出した先生の言葉です。

夏空に  

暑中お見舞い申し上げます。
ようやくの梅雨明けです。
 
000-00.jpeg
大蓮寺(左京区東山二条西入下ル)では蓮が美しく咲いています。
 
000-01.jpeg
731-4.jpeg
731-3.jpeg
000-2.jpeg
ここは2017年の秋に堤講師が現地案内をされました。
慶長5年(1600)開基の浄土宗寺院。
本尊は通称「あんさん(安産)阿弥陀如来」。後光明天皇(1633~1654)の内親王が無事出生されたことで安産の祈願所として信仰を集めたといいます。
 
 
P1970787.jpeg
八坂神社とも縁が深く、明治の廃仏毀釈で、祇園感神院の境内にあった観慶寺が廃絶した後、観慶寺にあった仏像がすべて移されているそうです。
そのうちの「薬師如来像」は、疫病退散を願って、現在本堂に安置されています。
堂外よりの遥拝にはなりますが、お参りできます。
 
990e2141.jpeg
  重文 観慶寺薬師堂本尊 薬師如来像
そして明治・大正の時代、京の町を駆け巡った不思議な「走り坊さん」。
 
 DSC00450.jpeg
その強靭な足腰にあやかるため、足腰健常の祈願に訪れる人も多いそうです。
堤講師は、当時「いまは町歩きが楽しい」とおっしゃって、仁王門通り界隈の寺院を巡ることになりました。
なかでも大蓮寺はお好きなお寺だったのでしょう。
当日はあいにく雨の天候でしたが、途中で雨宿りをするのもまた楽しく、みなさんと和気あいあいとお話されていました。
 
P1970838.jpeg
      檀王法林寺に集合
 
200.jpeg
宝永の大火(1708年)で類焼した寺院群が移転したと伝わる。
お寺の比率は京都一とも。
新洞学区の寺院群は観光寺院ではないだけに堤先生の解説は貴重でした。
あの日がまだ昨日のことのようです。
 
110.jpeg