洛西 大枝の竹林 たけのこ畑

風薫るさわやかな季節となりました。
しかし京都も三度めの緊急事態発令で、思うように出かけられなくなりました。
皆さまにおかれましてはお元気でおすごしでしょうか。

4月下旬、洛西 大枝(おおえ)を訪ねました。
4月は花見時ですが、洛西では時を同じくして「京たけのこ」の収穫が最盛期を迎えます。
「京たけのこ」の産地は、いわゆる旧乙訓(おとくに)郡域の西京区、長岡京市、向日市。なかでも大枝塚原(つかはら)、大原野(おおはらの)、長岡、物集女(もずめ)などが知られています。


今回伺いました場所は、大枝沓掛(くつかけ)から塚原にかけての地域。
写真遠景は大枝の山並み。桓武天皇の母・高野新笠(たかののにいがさ)の御陵があることでも知られています。



こちらの竹林、ただの竹林ではなく、「たけのこ畑」。
この土の中で「白子たけのこ」と呼ばれる柔らかくて美味しいと評判の京都の名産が、大切に、大切に育てられています。

しろうと目にはいったいどこに筍があるのかわかりませんが、よく見ると…


探し当てたら、「掘鍬(ほり)」という独自の道具で、土中の筍を傷つけないように掘ります。



見えてきました。でもここからもなかなか大変💦
掘鍬を自在に回して、掘り上げます(笑)
実践させていただきましたが、コツを習得するのは難しいです😢


出ました! あこがれの「塚原のたけのこ」です!
この土の層、すごいですね。美味しさの秘密がありそうです…

当地では、その年にもよりますが、三月下旬から約1ヶ月間、直売所があちこちに設けられています。

筍のイメージからすると、皮が白いですね。
おさしみ、若竹煮、筍ご飯、てんぷら、焼き筍など、味と香りを堪能  !(^^)!

2年前、京都検定講演会で「大枝の山」をテーマにお話させていただきましたが、来年のこの時期に、皆さまと大枝の地を歩いてみたいと思ってます

車が行きかう国道沿いは昔の面影をとどめてはいませんが、旧道に入り、古いお社などを訪ねてみると立ち上がってくるものがありそうです。
「大枝の地」は深い歴史を秘めた地です。

そして堤先生が大好きだった地でもあります。
春は筍で有名ですが、秋には柿の収穫で知られます。先生は毎年大枝の柿を求めに来られていました。いつか現地案内をしたいとお考えだったようです。

はるか一年先ではありますが、新たに内容を加えて講座も実施の予定ですので、
講座、または現地案内、あるいは筍販売(😄?)いずれかにご参加くだされば幸いです。

まだまだ我慢の日は続きそうですが、どうかお体に気をつけられてお過ごしください。
それではまた(@^^)/~~~


                                        大枝神社 当地の氏神さま

 

 

 

 

西賀茂散策 ご報告

4月3日、曇り空ながら、春らしいさわやかな日和に恵まれました。
堤先生の墓参と西賀茂散策をおこないましたので、ご報告させていただきます。

「西賀茂車庫前」バス停より出発、川上大神宮を経て霊源皇寺のお墓にお参りしました。


川上大神宮 西賀茂川上地区の氏神さま。境内にやすらい堂があります。
4月の第二日曜に、今宮神社に奉納する花鎮めの「やすらい祭」のうち「川上やすらい」で知られる神社。今年はコロナ禍のためお祭はなく残念です。
以前の取材写真からご覧ください。

太鼓を振り上げるように叩く力強い「川上やすらい」


ダイナミックに回り踊る上野地区の「上野やすらい」

来年のお祭に期待したいですね。

さて歩くうち大文字送り火の「船形」が見えてきます。あの麓に先生が眠っておられます。

霊源皇寺へ。 後水尾上皇勅願の建立。

霊源皇寺の樹木葬墓苑。横のプレートに先生のお名前が刻まれています。
お一人お一人が思いを込めてお参り下さいました。

(3月末撮影


「船形」の灯る「船山」の麓。墓苑からは東に比叡山を望めます。堤先生もこの景色を眺めておられるのでしょう。
先生にご案内いただいた比叡山…東塔、西塔、横川。熱のこもったお話しぶりでした。頑張って歩きましたね!

左手に比叡山を見ながら正伝寺へ。
いまは住宅がたくさん建っていますが、以前はほとんど畑地でした。

正伝寺境内に入ると一気に山の中の雰囲気。鳥のさえずり。

比叡を遥かに、一本の枝垂桜。ここでしか味わえない静寂。

正伝寺境内から竹林の道をへて西方寺へ向かいました。
西方寺についてはこの散策のテーマともなりますので、秋にご参加予定の皆さまはお楽しみになさってください。
こちらの紅葉もすばらしいです!

大将軍神社(西賀茂大将軍神社とも)
京都の北方の守護神とされたと伝わります。

本殿は上賀茂神社摂社・片岡社旧本殿を移築したもの。

最後に神光院へ。
大田垣蓮月が晩年隠棲したことでも知られるところ。先生は蓮月焼がお好きであったと記憶しています。

蓮月尼旧栖之茶所と中興堂


当日、神光院の桜はだいぶ散りかけて花吹雪でした。
(下は3月末撮影)

堤先生のお墓参りを皆さまと無事にできましたことに感謝し、
あまり知られていない西賀茂という地の寺院や神社を訪ね歩き、この地の果たしてきた役割を知ってあらたな発見もありました。

皆さまにお越しいただき、先生もきっと喜ばれていることと思います。

秋11月にはまた日程を設けたく、改めてお知らせいたします。
皆さまのお越しをお待ちしております。