清遊ブログ  磯良を訪ねて 安曇野への旅

早くも処暑となり、暦に暑の文字はなくなりますが…
皆様にはいかがおすごしでしょうか。


信州は安曇野にやってきました!

CIMG8566.jpeg


龍神・安曇磯良(あづみのいそら)を訪ねて??


祇園祭は先月のことながらずいぶん日が経ったような気がしますが、
堤先生から山鉾のひとつ、船鉾のご神体人形のお話を聴いて以来、そのなかの安曇磯良のことが気になっていました。


祇園祭で船鉾の会所飾りは、龍神安曇磯良、鹿島明神、住吉明神、そして奥正面に神功皇后が飾られていました。

CIMG7273.jpeg
CIMG7277.jpeg
前に座ると畏れおおいというか、独特の気配が感じられました。


そして山鉾巡行では、安曇磯良が皆を先導するかのように鉾の先頭に立っているのが見えました。
CIMG7349.jpeg


龍神・安曇磯良とはいったい誰なのでしょうか?

そして4人のご神体はどのような関係なのでしょうか?

宵山講座、JYUGIAカルチャー京都の講座などでお話を聴かれた方もあると思いますが、すこし思い出してみましょう─


船鉾は神功皇后が三韓征伐に出かけてゆく出陣の船をあらわしています。

そのおり、神功皇后は無事に凱旋できるよう神々に祈願されました。
ですがただひとり安曇磯良は和布や貝殻のくっついた自分の姿を恥じて姿を見せません。
神功皇后は安曇磯良の持つ「あるもの」が無ければ出てゆくことができないので、安曇磯良を呼んでほしいと告げます。
そこで住吉明神が磯良の好きな楽を奏し安曇磯良を呼び出します。それが神楽歌「君が代(だい)」。
そして磯良は姿を現し神功皇后に二つの玉を捧げます。

「潮盈玉(しおみつたま)」と「潮干玉(しおひるたま)」といわれるもの。
海が荒れるときには「潮盈玉」を、凪いで風を起こしたいときには「潮干玉」を使って海水を自在に繰り、航海を安全に導くことができるのです。

まさに安曇磯良のご神体人形が手にしているものがそれです。

CIMG7274.jpeg

そして神功皇后が神々を呼び出したのが、博多湾に浮かぶ志賀島。

019海の中道からみた志賀島_R.jpeg

           海の中道からみた志賀島(穂高神社資料)


ここには志賀海(しかうみ)神社が祀られています。

ご祭神は、 底津綿津見神(ソコツワダツミノカミ)、仲津綿津見神(ナカツワダツミノカミ)、表津綿津見神(ウワツナカツミ)のワダツミ三神。


イザナギノミコトが黄泉の国から逃げ戻り、海に入って禊をしたときに生まれた六神のうちの三神。総称オオワダツミノカミ。


もうおわかりと思いますが、この御祭神のワダツミ三神…オオワダツミノカミが安曇磯良につながります。

安曇磯良とはオオワダツミノカミという説もあるのです。


「筑前国風土記」に神功皇后が三韓征伐の際に志賀島に立ち寄ったとの記述があり、安曇(阿曇)氏の祖神である安曇磯良が舵取りを務めたとされています。

神功皇后は無事に凱旋を果たし、帰国するという結末。


志賀海神社の別名は龍の都。宮司さんは代々安曇氏なのだそうです…。

また、ここには安曇磯良が乗ってやってきたのが亀ということで亀石が奉納されているそうです。
龍と亀は安曇族を知る重要な鍵となるようです。


安曇一族は海を渡って九州の地に上陸してきた一族。ほかに薩摩一族、隼人一族、津守一族などがいました。

安曇一族は志賀島を拠点としていましたが、そこからさまざまなルートをたどって全国へ渡ってゆきました。


海から上陸したのが渥美半島。そして安曇野を経て穂高に達し、ここに鎮まった一族を祀ったのが穂高神社というわけです。

安曇野という地名は安曇磯良と関わりがあったのですね!

018資料_R.jpeg

                      (穂高神社資料)

この図を見ると、こんなに安曇族が全国に広がっていったのかと驚きます。
安曇磯良、神功皇后、住吉明神のつながりがだいぶわかってきました。

残るは鹿島明神ですが、これには鹿島の神使いの鹿によって志賀海神社との関係が知られます。
志賀海神社には1万本もの鹿の角がその名も鹿角堂(ろっかくどう)に奉納されているのだそうです。
鹿の角が角が英語でアントラーだと聞きましたよね。鹿島アントラーズ。

また、志賀島といえば、「漢の倭の奴の国王」の金印が出土されたところとして知られています。

安曇(阿曇)は「アマツミ」つまり「海人津見」の転訛だそうで、「ツミ」は綿津見神と同じで、「住み」の意味であるとか。


さていよいよ穂高神社です─


JR
大糸線「穂高」駅のすぐ近くにこの穂高神社本宮があります。
CIMG8130_R.jpeg


そして上高地には奥宮(おくみや)が、奥穂高山頂に嶺宮(みねみや)が祀られています。


社伝によれば─
太古、穂高岳に天降(あまくだ)ったと伝えられる穂高見命(ホダカミノミコト)は、海神・綿津見神の御子神(みこがみ)で、海神の宗族として遠く北九州に栄え、信濃の開発に功を樹てた安曇族の祖神(おやがみ)として、ここ穂高の里に本宮を、穂高岳山頂に嶺宮、そしてその麓の明神池の畔(ほとり)に奥宮が奉斎されているのだそうです。

鳥居をくぐり、
001.jpeg
002.jpeg
神楽殿、拝殿、本殿。 りっぱな社殿です。
003 神楽殿.jpeg

003-1.jpeg
拝殿の妻飾りはなんと亀です! 
004_R.jpeg
005_R.jpeg
龍神・安曇磯良が亀に乗ってやってきたという話を彷彿させます。

中殿に穂高見命、左殿に綿津見神(ワダツミノカミ)、右殿に瓊瓊杵神(ニニギノカミ)、
006_R.jpeg
別殿に天照大神(アマテラスオオミカミ)が祀られています。

007_R.jpeg

境内には摂社がたくさんあります。
神社にどんな神様が祀られているかは重要なことだと先生がおっしゃっていました。
見てゆきましょう─


向かって右から─鹿島社(武甕槌命・タケミカヅチノミコト)、八幡社(誉田別尊・ホンダワケノミコト)、秋葉社(軻遇突知命・カグツチノミコト)、疫(やく)神社(素戔嗚尊・スサノオノミコト)。

008_R.jpeg

そして若宮には安曇比羅夫命(アヅミヒラフノミコト)、相殿に信濃中将が祀られています。

008-1 _R.jpeg

                     狛犬の顔がユーモラスです!

安曇比羅夫命は天智天皇の命を受けて百済の王・豊璋…
訓で読むとなんと「とよたま」!「豊玉姫」を連想するのは私だけでしょうか?)…を助け、白村江(はくそんこう)の戦いで戦死した安曇野の英雄。

信濃中将は御伽草子の「ものぐさ太郎」の伝説で知られています。


四神社には少彦名命(スクナヒコナノミコト)、八意思兼命(ヤオオモイカネノミコト)、蛭子神(ヒルコノカミ)、猿田比古命(サルタヒコノミコト)。


保食社(宇気母智神・ウケモチノカミ)、子安社(木花開耶姫比売命・コノハナサクヤヒメノミコト)、事比羅社(大物主神・オオモノヌシノカミ)、八坂社(素戔嗚尊)。

009_R.jpeg


天孫降臨から神武天皇へとつながる系譜にみられる重要な神々。
誉田別尊は応神天皇ともされます。

また、若宮に祀られている安曇比羅夫命は穂高神社のお祭り、御船祭りの起こりの一つと伝えられています。



境内の御船会館にはその御船祭りに関する展示がされていました。

これがその御船です。

020_R.jpeg

これは山幸彦(火遠理命・ホオリノミコト)が、兄の海幸彦(火照命・ホデリノミコト。火須勢命・ホスセリノミコトに比定されることもあります)から借りた釣り針をなくし、塩土翁(シオツチノオジ)の教えによって海へ行き、湯津杜樹(ゆつかつらのき。神聖な桂の木という意味だそう)に登ったところに、水を汲みに来た侍女の報せでオオワダツミノカミの娘、豊玉姫がやってきた二人の出会いの場面。


やがてこの龍宮に時を過ごし、山幸彦と豊玉姫との間にできたのが、ウガヤフキアへズノミコト。
そしてウガヤフキアへズノミコトと豊玉姫の妹の玉依姫(タマヨリヒメ)の間に生まれたのが神倭伊波礼琵古命(カムヤマトイワレヒコノミコト)、すなわち神武天皇とされています。

下は曳くことのできるように車輪がついています。
021_R.jpeg
他にも、日光泉小太郎の伝説─犀龍に乗り、太古は湖であった湖水を落とし、安曇野の平野をつくり上げた─をテーマにした船など。

CIMG8132_R.jpeg 


以下は御船祭りのビデオ映像からですので、お見づらいですが少しご紹介しましょう。

024映像から_R.jpeg
船を作っているところ。大がかりですね。船上には毎年異なる人形を飾るのだそうです。

船はおとな船が二艘、子供船が三艘あり、囃子衆も乗る曳船。

025-1  _R.jpeg

例大祭当日、町々を回り、
CIMG8179_R.jpeg
境内に入ると神楽殿の周りを三周し、お布令神事(ふれしんじ)
が行われます。


027 _R.jpeg
                             御布令の図

そして拝殿の前で船同士のぶつかり合いが演じられます。
025映像から_R.jpeg

これがかなりな激突でちょっとびっくりするくらいです。


お囃子衆が乗ったり、終わると分解して格納するところなどは、祇園祭の山鉾と共通しています。

松本から大町にいたる神社の祭りにはこのような穂高神社に類した御船が出るそうで、秋たけなわの穂高神社のお祭りはそのハイライトです。

穂高のような山地に船のお祭りが伝承されているのは本当に驚きです!

海人の氏族、安曇族がこの地に達し、土着の民となった証しではないでしょうか。


もう夕方になり、静かな境内を回ってみました。

010_R.jpeg

                      若宮の後ろにあるご神木

011_R.jpeg
012_R.jpeg
                     手水舎と龍。迫力です。

013_R.jpeg

安曇の銘水 清冽! 地下30メートルから汲み上げられています。

017_R.jpeg

御手洗川に架かる石橋。雲龍が彫られ神橋とも呼ばれます。

CIMG8297_R.jpeg 

    塩の道の道祖神も並んでいます。亀甲の通路わきに。

CIMG8298_R.jpeg


翌日、明け方に
激しい雨が降りましたが、天候は徐々に回復し、待望の上高地、穂高神社の奥宮に出かけることにしました。
松本ICから沢渡(さわんど)まで約1時間。マイカー規制となっていますので、ここからはバスかタクシーです。

山また山を抜けて…
CIMG8344_R.jpeg
梓川に沿ったり、トンネルに入ったり。
大きなダムも通りました。
CIMG8347_R.jpeg
通過したトンネルはなんと20。

30分くらいかかったでしょうか、上高地のバスターミナルに到着です。



雨が降ったせいでまだ水は少し濁っていましたが、

だんだん霧が晴れて山と川の織りなす風景が見えてきました。
CIMG8394_R.jpeg
標高1,500メートル。梓川上流の景勝地。

CIMG8408_R.jpeg


CIMG8395_R.jpeg


涼しいです!

爽やかな山の空気を吸って。
河童橋です。

CIMG8387_R.jpeg

ここからさらに梓川左岸道を歩きます。こちら側は森の中を歩くことになります。
CIMG8427_R.jpeg

CIMG8414_R.jpeg

          ヤチトリカブト トリカブト! でもきれいな紫色。


CIMG8421_R.jpeg  
                   
                   なかなか先は長いようです…

CIMG8442_R.jpeg
             ヤマホタルブクロ かわいい花ですね。

CIMG8450_R.jpeg
                          何の実でしょう?

こんな木もありましたよ。
CIMG8439.jpeg
道はときに河原に出たりもしますが…
見えました!

CIMG8434_R.jpeg

あの山が明神岳! 屹立した美しい姿です。2931メートル!
その向こう、奥穂高の山頂に嶺宮がお祀りされています。
 


CIMG8435.jpeg


さらに進み、河童橋から3キロ、約1時間で明神に着きました! 

CIMG8453_R.jpeg

もともとこの明神は上高地の中心で、上高地は「神垣内」と言ったそうです。

神垣内とは穂高見命が穂高岳奥宮と嶺宮にお祀りされていることに由来します。


また「神河内」とも「神降地」とも。

明神池に穂高の神様が祀られ、上高地が神垣内と呼ばれることなど、今回はじめて知ったことです…。 

CIMG8463_R.jpeg
明神から梓川に架かる明神橋を渡ると鳥居があり、
CIMG8477_R.jpeg
池畔の穂高神社奥宮に到着します。

CIMG8481_R.jpeg

木々のせいで見えにくいのですが、この奥宮の真正面に先ほど河原から見えたあの明神岳がそびえています。

CIMG8514_R.jpeg

お参りし、池の畔にでました。

CIMG8495_R.jpeg
明神池は一之池と二之池からなる池で、穂高神命が鎮座する神域。
CIMG8500_R.jpeg
CIMG8505.jpeg
別名「鏡池」「神池」とも呼ばれます。


池は神韻縹渺として深く、静かに水を湛えています。

CIMG8489_R.jpeg

ずーんと重い静けさとでもいうのでしょうか、神秘的で、この池に龍神が棲んでいても不思議ではないように思えます。


毎年108日にはここに龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)の御船を浮かべ、一年の山の安全を祈願する御船神事が行われるそうです。そんな風景を見てみたいですね。

奥宮の御船神事 _R.jpeg


帰りは右岸道を取りましたので、その景色をご覧ください。

CIMG8524_R.jpeg
こちら側は木の橋を渡ったり、川の流れを見ながら歩くことになります。
CIMG8535_R.jpeg
こんなにも美しい流れが存在するなんて感激です! 


それだけでも来た甲斐がありました。
CIMG8541_R.jpeg

CIMG8548.jpeg
立ち枯れの木も雰囲気を醸し出しています。
P1000676_R.jpeg

河童橋近くまで戻ると、いつのまにか青空が見え、梓川は出発のころより澄んできていました。
初秋の風景。

P1000681_R.jpeg


今回の旅では、先生が、地名は大切なのです、地名には歴史が秘められているから、といつもおっしゃっていたその意味を実感しました。

安曇野はもとより、上高地も住所は松本市安曇…でした。安曇の地名はたくさん残っています。
梓川のあづの音も安曇からきているとも言われます。


海人(あま)として生きた人々は何代もの世代を経て、この地で山を切り拓き、たくましく生きる山の住人となっていったのでしょう。彼らの祖先は穂高の地で山を守る神となりました。

海の神が歳月を経て、やがて山の神へと変容してゆく不思議。


安曇磯良を訪ねてやってきた彼の地は、「安曇」の歴史とともに穂高の美しい自然を存分に見せてくれました。

CIMG8571.jpeg











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です