黒谷 栄摂院 紅葉の庭 

師走に入り、冷え込みが増してきました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

先日、美しい紅葉に出会いました。
黒谷の金戒光明寺から真如堂への散策の道すがら。北門へ向かう参道沿い、真っ白い壁の向こうのあざやかな紅葉に魅かれました。



「栄摂院」とあります。
吸い込まれるように中へ。整然と手入れがされたアプローチ。色とりどりの楓。


中門を潜って、びっくり!
目の前に広がる景色に思わず立ち尽くしてしまいました。



苔むした石段の散紅葉。
山のような斜面の上には仏様。このお庭がいっそう崇高なものに感じられる所以です。



法要中の貼り紙のとおり、本堂からは読経の声が聞こえています。鳥のさえずり。朝の清浄な空気。こんな空間に誰もいません。もう夢見心地…。

中門を打ち返して見たり、

恐れるように、静かに静かに、とそっと歩きます。

ご志納入れがありましたが、参拝者まかせです。なんということ!

「栄摂院」(えいしょういん)は「黒谷さん」として知られる浄土宗大本山「金戒光明寺」の塔頭寺院。
1589年(天正17)、徳川家康の家臣・木俣守勝(きまたもりかつ 1555~1610)創建。木俣守勝は、三河の時代から家康に仕えたといい、晩年には彦根藩井伊家の家老を務めた武将で、楠木正成の嫡孫・楠木正勝の子孫であるとも伝わります。その守勝が、同郷の三河の松誉琴察を請じて創建したのが栄摂院で、本尊は阿弥陀如来。

奥に池があり、縁側から回り込んでみると、今度は紅葉と竹林が姿を現します。


先ほどの景色とはまたちがう趣。木々に風が渡り、サワサワ揺れるのも風雅です。
そして正面のお庭。


手前には池がありますが、書院前庭は白砂や刈込を巧みに配した枯山水庭園となっていて、九十九折れの石畳は奥へ奥へと誘われるよう。向こうに手入れをされている姿もありました。

紅葉と竹林の前に井戸がありました。

この井戸から引いた水は「黒谷明星水」と呼ばれ、黒谷八景のひとつに数えられたそうです。清水が湧き出し、空から明星が雨降って、菩薩様が現れたと。なんと美しい言い伝えでしょうか。


今日は、これから行く真如堂のお話をしたいと思っていたのですが、この不思議な美の世界に揺さぶられたのか、胸がいっぱいになってしまいました。

お庭は普段は非公開だそうですが、紅葉の時期のみ公開されるようです。
初めて知った栄摂院ですが、ここは、知る人ぞ知る紅葉の名所だったのかもしれません  !(^^)!

お墓参りと西賀茂散策 ご報告 

11月13日、17日の両日、堤先生のお墓参りと散策は無事終了しました。
当日は好天に恵まれ、散策日和となりました。春は桜の季節でしたが、今回は紅葉が色づき始め、秋の彩を添えていました。
また、13日には、京都の観光ガイドや講師として活躍されています「京都旅屋」の吉村晋弥さんに、ご案内、解説いただきました。
さらに17日には新たな発見もありましたので後ほどご紹介します。

川上大神宮から霊源皇寺へ。
堤先生のお墓がある霊源皇寺。境内奥の紅葉が青空と白砂に映えて美しいです。

霊源皇寺の樹木葬墓苑へ。

高台にあるので堤先生の墓苑から比叡山もよく望めます(向かって右手)

正伝寺へ。



枯山水のお庭も素晴らしいですが、鐘楼のあるお庭から本堂を仰ぐのも良し、
山懐にいだかれているのを実感します。

正伝寺から西方寺までの道。
北大路魯山人のお墓の前で。吉村氏の詳しい解説を興味深く聞きました。

小谷墓地を経て、五山送り火の船形を担当する西方寺へ。

堤先生に教えていただいたこちらの紅葉、もうすぐ真っ赤になるでしょう。
色づいたら絶品です !(^^)!

大将軍神社を経て神光院へ。


 神光院は山茶花でも知られていて、この日は白い花が印象的でした。
右手は大田垣蓮月の隠棲した茶所。
夕暮れ時の境内もまたさまざまな色に染まっていました。

さて、今回の発見は──
 東京講座にご参加でした、松本薫様よりご教示いただきました。
この西賀茂の地は、江戸時代、後陽成天皇の第九皇子で、後水尾天皇の弟にあたる一条恵観(いちじょうえかん)により営まれた「恵観山荘」がありました。話には聞いていましたが、どこにあったのか詳しいことは知りませんでした。

 その「恵観山荘」の一部、30坪ほどの茶室が、鎌倉市の茶道宗徧流不審庵に戦後移築・保存され(移築後、昭和39年に旧一条恵観山荘の名称で国の重要文化財に指定)、近年一般公開されたのだそうです。

   偶然にも、松本様が今回の散策の少し前に恵観山荘を見学され、370年前には、山荘がこの西賀茂の地にあったことを知り、今回の散策途中にその場所を確認し、解散後、周辺を歩いて特定くださいました。

 キーワードは「醍醐の森」にあったということ。山荘は、醍醐家の祖となった恵観の次男・冬基に伝領されたゆえ「醍醐の森」の名があるそうです。
「醍醐の森」は現在一部が雑木林となって残っており、川上大神宮から霊源皇寺へ行く道の途中にありました。春にはこの道は通っていないのですが、一本北の道をとればこの雑木林があります。道路右側に見えるこんもりとした木々が醍醐の森と思しき場所です。
近くのマンション名も「ダイゴ」の名が入った名で、地域の方に聞いていただき「醍醐の森」と呼ばれているとのことでした。

鎌倉の恵観山荘は、松本様からご提供いただきました写真三点を掲載させていただきます。




桂離宮や修学院離宮と同時代、後水尾天皇の周辺にあった公家の人々の、まさに寛永文化を代表する山荘がこの地にもあったことを知り、堤先生に導かれたのではないかと感じられたそうです。

歴史ある建物のあった場所がわかり、そこを訪れたり、歩くということは京都散策のまさに醍醐味かもしれません (^-^)
このご報告を皆様にお知らせして、終わりとさせていただきます。

お越しいただいた皆様、お疲れ様でございました。
松本様、吉村先生、また各所でご教示をいただきました方々に厚くお礼を申し上げます。
堤先生も喜んでおられることと思います。本当にありがとうございました。
〈参考〉
国指定重要文化財 一条恵観山荘 京都から鎌倉へ移築されし名邸 (ekan-sanso.jp)