お知らせ 秋のお参り / 夏越の祓

梅雨の蒸し暑い気候が続きますが、お元気でおすごしでしょうか。

さて、すこし早いのですが、秋の堤先生のお墓参りと西賀茂散策の日程をお知らせいたします。多人数を避けるため、秋は2回行いますので、ご都合のよい方にお越しください。

・11月13日(土) 午後1時30分より  雨天は翌日14日(日)
・11月17日(水) 午後1時30分より   雨天は翌日18日(木)

上記、日程のみのお知らせです。お申込みの受付と詳細は改めて告知いたしますのでよろしくお願いいたします。なお、コースは4月の散策と同じです。

一足早く、夏越(なごし)の茅の輪くぐりをしてきました。

御霊神社(上御霊神社)


上京区にあり、烏丸通鞍馬口から歩いて5分とかからず、便利なところにありますが、静かな住宅地のなか、さらに境内は森閑としています。
疫病が御霊のたたりであるとして、平安時代より度々おこなわれた御霊会がこの上御霊さんの創祀につながります。


狛犬がりっぱでしょう。笑

さらに随身(ずいじん)さんもりっぱ!


楼門は江戸中期、寛政年間の再建、随身像は大正14年に奉納されたもの。随身とは内裏をまもる近衛府の武官で、現在でいえば皇宮警察にあたるとのこと。


祀られるご祭神は早良天皇をはじめとする八所御霊。
緑がほんとうに多く、草の匂いがします。

茅の輪をくぐってお参りできました (^-^)
もう今年も半分過ぎたのですね──

境内は、応仁の乱の発端となった御霊の森にあたり、碑が建ちます。

芭蕉の句碑、広辞苑の編者で知られる新村出の歌碑もあり、歴史の積み重なる層にも驚きます。なんども来ている神社もまた新たに知ることがたくさんあります。


保育園の子供たちが「ありがとうございました」と挨拶をして帰っていきました(^-^)
おなじく! ありがとうございました<(_ _)>

この時季は
一年のなかでも体調をくずしやすいときです。
みなさま、どうかくれぐれもご自愛ください。
またこれからの半年も無事に過ごされますように。

 

 

 

 

緑と風と 北山

はやくも六月を迎えました。今年は梅雨入りが早くて驚きましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

堤先生がなくなられ、一年が経とうとしています。
皆さま、おひとりおひとりが先生を想い、日々を過ごしていただいていると思います。心より感謝申し上げます。
京都・清遊の会より、堤先生のお宅へお花を送らせていただきました。
ご家族さまより、皆様にくれぐれもお礼を申し上げてくださいとのことでした。ここにご報告させていただきます。

先生は自然の中におられることがお好きでしたね。

最近出かけました風景をすこしご紹介させてください。
京都市北区ですが、いわゆる「北山」と呼ばれ、中川、小野郷、大森とともに「北山杉の里」と呼ばれる地域 ─杉阪(すぎさか)と真弓(まゆみ)。

鷹峯から京見峠を越えて杉阪へ。

平安時代の能書家として知られる小野道風(とうふう)を祀る道風神社。
狭い道幅に気を取られてうっかり通り過ぎそうに。
ザーザーと心地よい水音の杉坂川を渡ると杉の巨木の杜。


山の精に囲まれているような不思議な感じです。

北へ、真弓に向かいます。

北山杉が植林されていました(^-^)


真弓の集落。手前を流れる真弓川は細くなっていますが、川の音だけがあたりに響いて、ほかの音は聞こえません。静かな里。
風が集落を吹き抜けていくような、そんな日でした。

坂上田村麻呂がこの地の真弓の木で弓を作ったという説、平安京造営の木材調達のために「真弓木工頭(もくのかみ)」という役を賜り、木を伐り出したから、とも。杉阪同様に「西の鯖街道筋」にあたります。

山から下りてこられた地元の方に、真弓八幡宮の場所を教えていただきました。


苔が美しい、まさに緑のじゅうたん。かわいすぎる葉っぱ!

木漏れ日のなか石段をのぼると、巨大なご神木と並ぶようにお社が。

道風神社も、ここ真弓八幡宮も、土地の産土神(うぶすながみ)がお祀りされています。
みなさんに山の空気感が伝わるとよいのですが。

それではどうかお元気で!
「北山杉ものがたり」講座、頑張ります😊💦