涼一滴

はや立秋を迎えました。
でも暑さはよりいっそう増す気配。今日の予想気温はなんと37℃!
秋へと変わりゆく季節の声をきくのはまだまだ先のようです。
今日ご紹介したいのは、「紫野源水」さんの「涼一滴」。
この猛烈な暑さの中、「涼一滴」と聞くだけで、爽やかな気分になります。不思議ですね。


紫野源水さんは北区北大路通り新町下ル、地下鉄「北大路」駅から西へ歩いて
10分ほど。
お店の前に植えられた大毛蓼の鮮やかな緑と
「京菓子司 紫野源水」の白い暖簾が涼しげです。


CIMG0571.jpeg
一番のお目当ては白い煎茶茶碗に入った水ようかん。


CIMG0594.jpeg
小豆風味とごま風味の二種。


CIMG0620.jpeg
もうすぐ液体になる一歩手前のようなやわらかさ。

上品な小豆風味。胡麻の香ばしい風味。どちらも本当に美味!
瞬時に口の中で融けてしまう繊細な繊細なお味です。
「涼一滴」はたいせつに、傾けないようまっすぐに持ち帰りましたが、地方発送もしておられるのだそうです。
紫野源水さんは茶道の菓子などを調製されていますが、お店でも生菓子を求めることができます。
うかがった日にありました四種を。

緑陰.jpeg 
             葛焼き「緑陰」


朝露.jpeg 
            きんとん「朝露」


CIMG0563.jpeg 
          煉り切り「もらい水」


青楓.jpeg 
              錦玉「青楓」

「涼一滴」をいただいたあと…
「もらい水」のフォルムに見とれ、「緑陰」の緑色に見惚れ、「青楓」の感触を想像し、迷ったあげく
、「朝露」をいただきました。
うっとりするような美味しさで、紫野源水さんの、特にきんとんの大ファンになりました。
それから源水さんといえば銘菓「松の翠」。
大納言小豆にすり蜜をかけて、松の木に見立てた一口ようかん。
このやわらかさ、甘さは変わらぬ魅力です。

CIMG0611.jpeg 
             銘菓「松の翠」 

    


「涼一滴」も生菓子も…蘊蓄もなにもいらない、ただただ美味しくて満足。
今日の素直な気持ちです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です