京都・清遊の会 活動報告 五月

五月一日 和菓子の会と無隣庵庭園・南禅寺界隈散策

五月一日、南禅寺近くの無鄰庵で和菓子の会を催しました。
無鄰庵は、もと明治の元勲・山県有朋の別荘として一般に公開されています。
和菓子の会は二階の広間で、講師の井上由理子さんから、「葵祭の神饌」と「緑の和菓子」のお話をうかがい、その後、堤講師の案内で無鄰庵の庭園や南禅寺界隈を散策しました。
前日までの雨で木々や苔はたっぷりと水を含み、いきいきした無鄰庵のお庭です。
みずみずしい新緑に囲まれた建物のなかでお話を聴き、和菓子をいただき、また庭園を散策し、楽しい1日となりました

二階座敷にて.jpeg

画像を見ながらの解説。興味津々です。
まず井上先生の講義は葵祭のお話から始まり、上賀茂神社、下鴨神社の神饌について解説していただきました。
6 P1000068.jpeg

葵祭 華やかな装いの斎王代
 
下鴨神社 神饌の調進がされる大炊殿.jpeg

下鴨神社 神饌の調進がされる大炊殿
 
下鴨神社 神饌.jpeg

下鴨神社 神饌

当日は上賀茂神社の神饌「はぜ」に似せて先生自らが調製された「はぜ」や下鴨神社の神饌「餅(まがり)」のレシピで調製された「唐菓子」、同じく下鴨神社の神饌に近い「洲浜」をご持参いただき、一同で味見をさせていただきました。

飾り粽 川端道喜.jpeg

「飾り粽」 川端道喜
洲浜 植村義次 .jpeg

洲浜」 植村義次
たとえば「粽」や「洲浜」は私たちがいま和菓子として食しているもの。それが画像を見て説明していただくと神饌に由来していることが…。驚きです!
和菓子の歴史が遠い時代からいまにつながってきている、その一端を知ることができました。
次は、この時期に登場する「緑」にちなんだ和菓子を。
[柳」.jpeg

「柳」

「翠」 千本玉寿軒.jpeg

「翠」 千本玉寿軒
ほととぎす・水.jpeg

「ほととぎす 水」
 
緑のお干菓子 有平糖 味噌せんべい 州浜など.jpeg

緑の干菓子いろいろ 
有平糖、みそせんべい、洲浜など


季節の風景が凝縮されてお菓子になっている、そんな感じがしますね。
さて、いよいよ今日いただく和菓子です。
なんだろうと思いきや、井上先生おすすめのこの時期しか味わえないえんどう豆のきんとんです。
はんなりという表現がぴったりの優しい色。
えんどう豆のきんとん[岩根のつつじ」.jpeg

えんどう豆のきんとん「岩根のつつじ」 聚洸
きんとんのバリエーション 向こう側は「卯の花」.jpeg

きんとんのバリエーション 
白いそぼろをのせると銘は「卯の花」に。

こうした意匠や銘からは、自然を和菓子に映した日本人の知性や想像力の豊かさを感じます。溶けるようにやわらかくてきめ細やかなお味!美味しくいただきました。
和菓子はこんなに小さいけれど、歴史に根ざした和菓子の世界は深くて広いのですね。魅力はつきません。


「葵祭と新緑の和菓子」の講義に続いて、堤講師による無鄰菴見学と南禅寺界隈散策が行われました。
 
無鄰菴母屋の二階で山県有朋と無鄰菴、植治と無鄰菴庭園についてのお話を聞きました。
写真①.jpeg

二階座敷からみた無鄰菴庭園
 

「隣なき世を隠れ家のうれしきは月と虫とに相宿りして」
 
「無鄰菴」命名の由来となった山県の歌を教えていただき、この名前は山県の出身地山口県吉田に造られた最初の別荘に由来しており、この別荘が三つ目の「無鄰菴」であること。
 
世に名高い「無鄰菴会議」が行われた邸内の洋館は、山県の気に入らず、植栽で隠してしまう計画であったこと。しかしこの洋館こそ、植治こと七代目小川治兵衛の庭造りに決定的な指針を与えた二人の人物、山県有朋と伊集院兼常に植治を引き合わせた建物であること。
 
二階でお話を聞くうち、降りしきっていた雨があがり、天然の打ち水に満たされた緑がなんとも素晴らしい風情です。
 
施主の位置から庭を造る、という植治が庭造りの基本を教わった一階主室床の間から庭を見た一行は、庭園にでました。
 
野芝と二筋の流れ、そして東山の借景という、この庭の主題に留意しつつ、庭に置かれた石がすべて伏せてあること、醍醐の花見で切り出そうとしてできなかった「秀吉の断念石」と呼ばれる巨石がここにあること、下段、中段、上段と地勢に応じた高さの庭が、絶妙に下から見えず、歩いて初めて得心できること、琵琶湖疏水から引いた三段の滝が左、右、左と振り分けてあり、これも醍醐三宝院庭園と共通すること、そして滝や流れに仕掛けられた音の秘密など、実際に見ながらの説明だけに説得力がありました。

写真②.jpeg

秀吉の断念石
写真③.jpeg

左右に振り分けた三段の滝組
 
その後、庭の奥から打ち返して母屋を見る、堤講師お得意の振り返って見る景色に、途中で切り落とされた母屋の屋根などの秘密を聞き、明治天皇から下賜された若松のいきさつ、利休堂をつぶして眺望台とした燕庵写しの茶室、歴史の生き証人たる洋館などを巡りながらとても興味深い話の数々をうかがい、無鄰菴をあとにしました。

南禅寺界隈散策
 
無鄰菴を後にした一行は、すぐ南に見える南禅寺の総門の話、隣の瓢亭の歴史、そしていま無鄰菴が建っている場所が、もとは著名な豆腐茶屋、丹後屋の南禅寺参道に沿って設けられた三つの茶店、口丹、中丹、奥丹の口丹であったことなど、驚きの話を聞きます。
現在唯一残る湯豆腐の名店「奥丹」は明治に復活したものだったのですね。
 
南禅寺の参道を西にそれ、上田秋成の墓がある西福寺へ。
写真④.jpeg

西福寺門前で秋成の話を。堤ワールド炸裂です。
 

無腸と号した秋成。妻・胡蓮尼を亡くし、さらに両眼の明かりさえ無くした秋成に自殺を思いとどまらせたのが当寺の玄門和尚であったこと。
 
江戸期に文筆をもって大輪の花を咲かせた秋成の話は、堤講師ならではの文芸談義となって、皆、堤ワールドに惹き込まれていきます。
 
その後、湯豆腐で有名な順正へ。
 
奥丹にも驚きましたが、この店もまた由緒正しき歴史の舞台だったのですね。
 
新宮涼庭。この聞きなれない医者の旧蹟は、京都のいや日本の医学教育史上記念すべき場所であること、また扁額は京都所司代間部詮勝の筆とも知りました。
 
奥丹にせよ、順正にせよ、秘められた歴史の由緒に本当に驚きの連続でした。
写真⑤.jpeg

南禅寺勅使門 重要文化財です。妻部の笈形に特徴が。
 
一行は何度も南禅寺を訪れながら、ほとんどその存在すら気づかなかった勅使門の見所を教わり、楽しみにしていた慈氏院の立ち姿の達磨さんが、時間切れで拝観できずがっかりしながら、野村碧雲荘脇の素敵な道を、疏水に沿って散歩しながら、本当に楽しいひと時を過ごしたことでした。
写真⑥.jpeg

野村碧雲荘横の道を歩きました。とてもよい風情でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です