五山の送り火に

8月16日夜、「大文字五山送り火」の行事がおこなわれました。
送り火はお盆にお迎えした精霊を送る行事ですが、今年は東日本大震災の復興を願い、犠牲となった方への鎮魂をこめて意義深いものとなりました。
燃やすことが中止された岩手県陸前高田市の薪に代わって、被災者のメッセージを書き写した薪が燃やされ、点火の前には黙とうが捧げられたとのことです。


写真は中京区烏丸通夷川、京都新聞社ビル9階から見た送り火。
うまく撮れていませんが、ご容赦ください。


8時過ぎ、まず左京区浄土寺の銀閣寺の東方、如意ヶ嶽の「大文字」が灯されました。
CIMG0873.jpeg
続いて左京区松ヶ崎の「妙法」
CIMG0892.jpeg
CIMG0900.jpeg
北区西賀茂の「船形」
CIMG0886.jpeg
北区大北山の「左大文字」

CIMG0884.jpeg
右京区鳥居本「鳥居形」はこちらからは見えませんが、同行の方から教えていただき、西の方角に、らしき灯りが見えました。


写真では捉えることができませんでしたが、今日は大文字の近くに月が昇り、を添えてくれました。

ほんの少し暑さは和らいだでしょうか。 
送り火に手を合わせ、行く夏を惜しむ夜ー。
  祭過ぎ大文字過ぎ夏もゆく いとあわただし京の暦は       勇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です