世界遺産 仁和寺現地案内報告

2月26日、予てより楽しみにしていました
京都・清遊の会の「世界遺産現地案内」
第一回の仁和寺訪問を行いました。

朝のうちは冷え込んでいましたが、快晴!
古寺の伽藍が青空に映えて、それは見事でした。
DSC_0082.jpeg 
     快晴の空の下、伽藍の佇まいがひときわ映えます。

午前10時20分、二王門下に集合した参加者は
その大きさや筋骨隆々の二王像、裏の狛犬と狛獅子
一層と二層でほぼ変わらない広さの屋根復古和様
最高の寺格を誇る名刹の堂々たる佇まいを肌で感じました。
二王門4.jpeg 
              京都有数の二王像。迫力あります!
DSC_0109.jpeg 
   復古和様、逓減率が変わらない重層屋根、見事です。

一行は境内の済信塚へ。
こんなところに集まって何を見てるの? という
他の観光客の視線を感じつつ(笑)
父・雅信、姉・倫子、道長の栄華、
そして仁和寺の興りへと、話はハードです。
IMG_3260.jpeg 
普通なら見過ごします。でも聞けば納得。重要史跡でした。

華道の家元でもある仁和寺を象徴する
大仏師長田晴山の佳作金剛華菩薩像など
普段はあまり気に留めないものながら
一つ一つの重要さを改めて学びました。
IMG_3269.jpeg 
     金剛華菩薩像。よく見れば素晴らしい仏像です。

通常のコースとは違う道順で
一行は黒門から五重塔
木立の中に見え隠れする塔身の素晴らしさ
二王門と同じく逓減率の低さを目で確認
屋根を支える天邪鬼、一箇所だけ違う龍瓦
見どころは満載です。
P1450424.jpeg 
  景色に溶け込んだ塔身、柔らかな姿です。
P1450426.jpeg 
    東南隅の龍瓦。天邪鬼とともに見過ごすと残念です。

そして隣の九所明神社へ。
東西文化の交錯地点である仁和寺の歴史を象徴するのがここ。
京都を守護する神々が一堂に会し、
慶長21年彫銘のキリシタン灯籠が厳かです。
P1110193.jpeg 
広い境内の中でも独特の雰囲気を持つ九所明神社。
三基のキリシタン灯籠がその存在を示します。
IMG_3288.jpeg 
     拝殿前で解説を聞く一行。実物を見るって大事です。

すぐ横にある階段を使わず
崖のような(!)坂道を登って経蔵へ。
まったくこの講師の案内は油断も隙もありません(笑)
P1110213.jpeg 
     ああ、歩きにくい! でも不思議に胸が高鳴ります。

境内の中で最も高台にある一郭。
経蔵、金堂、鐘楼、御影堂
巨刹仁和寺の中枢です。
それぞれの建物の特徴や仏像の解説
中には入れませんが、わかりやすい説明です。
IMG_3297.jpeg
 
  境内のもっとも高い一郭。密教寺院仁和寺の中枢です。
IMG_3308.jpeg 
   現存最古の紫宸殿遺構、金堂。存在感がありますね。

水掛不動尊、菅公腰掛石、閼伽井
興味深い逸話の連続で、講師の話を聞いていると
まるで本当に目の前の石に道真公が腰掛けているような
そんな錯覚が起きるから不思議です。
P1110260.jpeg 
      話を聞くうち、不動明王が道真公に見えてきます。

御影堂の清涼殿古材を使った蝉の金具を見たり
堂内の厳かな雰囲気を味わった一行は
P1110283.jpeg 
    優美な印象を残す、清涼殿古材で建てられた御影堂。
IMG_3331.jpeg 
 ここにもある蝉の金具。女人の美しさは儚いものなのです。

一旦境内を出て、成就山八十八ヶ所霊場
少しだけですが、札所巡りの気分を共有します。

再び境内に戻った一行は
大黒堂から観音堂へ。
伝法灌頂という密教の秘儀、
屋根の上の贔屓という生き物
この講師にはおなじみですが
興味尽きないお話です。
P1110320.jpeg 
       たちが高く、不安定ながら重要な建物、観音殿。

御室桜に囲まれて建つ
五重塔の雅姿を見ながら小休止。
仁和寺の寺名の秘密、二王門と書く理由など
面白く、ためになる話をうかがった後は
中門の妻飾りの解説、硬軟取り混ぜての話は
ついていくのが大変です(汗、汗……)
P1450430.jpeg 
      珍しい二重虹梁の蟇股。難しいけど見れば納得。

二王門、中門、金堂と、
次第に地勢を上げていく境内の中で
御室の名に相応しい雰囲気を見せるのが
筋塀と松に囲まれたこの中門下の一郭。
御所の風情満点です。
P1450429.jpeg 
筋塀と松に囲まれた中門。まさに御室の語感そのままです。

その風情を象徴するのが勅使門
建築というより彫刻ですね、と講師。
まさにその通り。
日本建築史に一時代を画した亀岡末吉の力作です。
IMG_3367.jpeg 
隅々まで埋め尽くされた精巧な細工。感嘆。

お昼の休憩をはさんで、再び合流した一行は
御室の中心、御殿へ。
亀岡末吉、塩野庄四郎、安田時秀と
近代京都の建築をリードした人たちの仕事を
詳しい解説とともに堪能しました。

白書院の拓本や扁額の話などは
まったく他では聞けない、清遊の会ならではです。
IMG_3375.jpeg 
          李白の筆「壮観」の拓本。面白いお話です。
IMG_3373.jpeg 
  「功参造化」の扁額。日清戦争を巡る驚きのお話でした。

宸殿の南と北でガラリと趣きを変える仕掛けの秘密
釣殿の意味と価値、南庭と北庭の違い
DSC_0081.jpeg
P1130617.jpeg 
宸殿の南側(上)と北側(下) 同じ建物の両側面、この違い
話を聞かないとわかりませんね。なるほど。
寝殿造の庭と書院造の庭、なるほど、なるほど。

宸殿の障壁画帳台構の意匠、床框の螺鈿細工などなど
次から次へと素晴らしい文化財の解説、驚きの連続です。
P1130547.jpeg 
    帳台構に描かれた孔雀。仁和寺における孔雀とは?

霊明殿に至る廻廊の地勢を利用した軽快な全体構想、
途中に設けられた腰掛の華奢で優美な姿、
古今の建築を知り尽くした亀岡式の魅力満載です。
P1130568.jpeg 
 全体にめぐらされた廻廊の妙味、腰掛の魅力、圧巻です。

霊明殿で終戦秘話を拝聴し、
P1130605.jpeg 
       近衛文麿筆の扁額。目からウロコの終戦秘話。

高台から御殿全体を見渡すと、
建物と庭との関係があらためて身に沁みます。
IMG_3417.jpeg 
 霊明殿から見た北庭と宸殿。建物と庭の関係が見事です。

黒書院の堂本印象や、白書院の福永晴帆の襖絵
もう一度、御殿全体を巡り直した一行は
近代と古代が交錯する御殿の建物に
復古王朝の余韻を残しつつ御殿を後にし
少し時間があるため
賛成多数で双ヶ丘山頂へと向かいました。
一の丘山頂.jpeg
 
   双ヶ丘、一の丘山頂。疲れた足に鞭打って登りました。
 

海抜は低いながら、一日広い境内を巡った後の
思ったよりハードな山道を
喘ぎながら登り山頂へ。

しかし登って良かった!
山頂からみる仁和寺の全景は見事の一言。
疲れを忘れ、しばし景色に見入りました。
一の丘からの仁和寺全景.jpeg 
この絶景! 苦労して登ってよかった! 素直な感想です。

山上古墳や秦氏豪族の墳墓址などの話をうかがい
双ヶ丘一号墳石室入り口2.jpeg 
           双ヶ丘山頂の一号墳墓。迫力ありました。

たくさんの思い出を残して
一行は丘を降り、解散しました。
本当に一日、お疲れ様でした。

清遊の会は引き続き京都の世界遺産の解説と
現地案内を行ってまいります。
是非、お一人でも多くのご参加を
心よりお待ち申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です