平泉と萩

爽やかな秋の訪れを感じさせる頃となりました。

10月18日の「堤先生を慕う会」は予定通り行わせていただきます。気をつけてお越しください。

夏の暑さに疲れきった頃、萩がこぼれるような可憐な花を咲かせます。先日訪れた平泉・毛越寺(もうつうじ)では萩が見頃でした。

京都からは遠いのですが、堤先生から「義経の嘘」というタイトルで講義をしていただいたことがありました。

平泉といえば栄華を誇った奥州藤原三代が築いた奥州最大の政都。その仏国土をあらわすといわれる中尊寺金色堂。そして何といっても中心は京の義経の平泉への潜行ルートのお話。そして京都にあったといわれる平泉第(だい)。

地図と資料を駆使し京都と平泉を行ったり来たりしながら、歴史の謎を探り、解き明かしてゆかれるそのお話にどんなにわくわくしたことでしょう!

その講義を聴いて以来、平泉は憧れの、いつか訪れてみたい所でした。

ミヤギノハギは、歌枕の「宮城野の萩」にちなむといわれ、宮城県の県花となっていますが、ここ岩手の毛越寺でも三種類の萩500株が植えられているそうです。

 

毛越寺の浄土庭園。澄んだ空気のなか、大泉(おおいずみ)が池をめぐりました。心地よさは大自然に包まれているからでしょうか。

延年の舞が行われるという常行堂の横には遣水(やりみず)の遺構があり、池へそそいでいます。

青楓もすこーし色づき始めています。お地蔵さまもお堂の傍らで微笑んでおられます。

中尊寺へ。

月見坂を上り奥へ。下は弁慶堂です。木の根がびっしり覆っています。

本堂の庭にも萩が咲いていました。

金色堂の荘厳に圧倒され、外へ出て境内のお堂や苔むした庭を散策するうちその興奮が静まるようでした。

京都の萩といえば梨の木神社、常林寺。先生の現地案内がありました。先生には四季折々に咲く花や紅葉の名所をたくさん教えていただきました。

そして、夏の終わりは秋の初めに、さらに秋の終わりは冬の始まりにとつながる、「あわい」の時季。「間」とあてはめてよいのかどうか……。

季節の移りかわる時を先生は敏感に感じ取っておられました。

まだ暑さが残りつつ秋へと移行してゆく、萩の咲くこの時季に、思いがけず当地で思い出した先生の言葉です。

講師紹介

堤 勇二氏  プロフィール
顔small.jpeg
同志社大学非常勤講師。京都学園大学非常勤准教授。京都の出版社にて茶道専門書並びに一般書(京都物、宗教、芸術、美術関係)を編集。『京都・観光文化検定試験公式テキストブック』編集。主な著書『京都・祇園祭手帳』『京都・世界遺産手帳』(いずれも河原書店刊)。
京都学講師として京都商工会議所主催京都検定講演会講師をはじめ、文化教室などで講師活動や現地案内等を行い京都の魅力を伝導した。2020年6月逝去。


井上由理子氏 プロフィール

P1020160small.jpeg
和菓子研究家。京都市生まれ。京都府の広報誌記者、各出版社の雑誌記者を経て、現在は新聞、雑誌、劇場パンフレットなどに随筆や評論などを執筆。主な分野は和菓子、古典芸能、京都の観光文化など。『京都の和菓子』(学研)、「近江の和菓子」(サンライズ出版)「京の和菓子12か月」(かもがわ出版)『古典芸能楽々読本』(アートダイジェスト)『能にアクセス』(淡交社)など著書多数。
2011年12月、京都新聞出版センターより「和菓子の意匠ー京だよりー」を出版。
また平安末期から鎌倉時代にかけて活躍した白拍子(しらびょうし)の芸能を舞、歌、語りにより創作。流儀を持たないで、遊行の芸能者として京都や滋賀の社寺での奉納等を中心に活動する。
びわ湖放送番組審議会委員。

 

中川祐子 プロフィール


京都・清遊の会 主宰。京都市生まれ。同志社女子大学卒。茶道関係の出版社に編集職として二十余年勤務の後、2010 年、京都・清遊の会(京都の歴史・文化を学ぶ講座 を開催)を主宰、講師を招き講座を運営。自らも清遊の会、文化センターなどで座学や現地案内を行いつつ、生活を通して見つけた京都の奥深さと魅力を紹介している。