送り火、高野山の風景

昨日は三年ぶりに五山の送り火が全面点火されました。
直前の激しい雷雨で実施が危ぶまれましたが、雨はあがり、西賀茂の舟形も山の稜線の合間からくっきり浮かび上がりました。
この船山の麓に眠っておられる堤先生が亡くなって初めての送り火。送る炎に懐かしい思い出が甦りました。

お盆を前に、和歌山の高野山を訪ねましたのでご覧ください。
高野山は1200年前に弘法大師空海によって開かれた真言密教の道場で、高野山真言宗の総本山。大師信仰の聖地ともいえるところ。

標高およそ900メートルの山上に近づくにつれて急なカーブの連続。上へ上へ、山の景色が変わってゆきます。

「大門」 高野山の西の入り口に建つ正門。撮影時は雨で煙っていました。

地図では、一番左手が大門。右手の「奥の院」まで約4キロほどでしょうか。



奥之院は、弘法大師が入定し、のちに建立された大師の御廟(ごびょう)へ至る聖域。
一の橋から御廟までの約2キロの参道には、平安時代から、およそ20万基を超える墓所や、供養塔、慰霊碑の数々が杉木立の中に立ち並んでいます。

「中の橋」駐車場向かいからの参道

石段を上がり親鸞聖人の供養塔へ。


参拝して降りて参道にもどります。

鬱蒼とした大きな杉の木々の向こうは奥の院へ向かう道。

高野山に古くから伝わる高野槙(こうやまき)は、弘法大師が花の代わりに高野槙の枝葉を供えたといわれており、ここ高野山では、お供花は高野槙を添えるか、高野槙のみを供えるようです。
お寺の方でしょうか、深い墓所のなかを手分けしてお供えして回っておられました。

高野槙

法然上人の供養塔。ここにも高野槙が供えられています。

豊臣家の墓所、信長の供養塔など、知った名前のあまりの多さに圧倒されるように歩くとやがて御供所(ごくしょ)が見えてきます。


御供所は、毎朝6時と10時30分に燈籠堂に届けられるお大師様の食事、生身供(しょうじんく)が調進されるところ。大師入定後より欠かさず行われてきたそうです。
その傍らにたつ嘗試(あじみ)地蔵に一度味見をしていただいてから燈籠堂へ運ばれるのだそうです。
御供所から出てこられ、嘗試地蔵前で。

御廟橋をわたって燈籠堂へ向かわれます。

「御廟橋」
弘法大師の御廟へと向かう参道の最後の橋。御廟橋を渡ると御廟への霊域に入ります。ここからは聖域に足を踏み入れることになるため、橋の前で服装を正し、渡る際には、僧侶にならい礼拝して渡るのが作法になります。


御廟橋は、橋板36枚と橋全体を1として金剛界三十七尊を表し、橋板の裏面には諸仏に対応する梵字が記されているそうです。

燈籠堂とその奥の御廟には前日に参拝を済ませましたが、橋の手前には、前日にはなかった施餓鬼棚(せがきだな)がしつらえられていました。
この日は8月7日でした。京都でもお精霊さんをお迎えする日ですね。

この橋までで、これより先は撮影はできませんので、ここが最後の撮影ポイントです。燈籠堂へ粛々と上っていかれる姿が小さくなりました。

御廟橋のたもとには「水向け地蔵」が玉川を背にして並び、水を手向ける人々の回向が絶えません。

さて、奥の院から壇上伽藍のエリアに移動します。

「壇上伽藍」
弘法大師が構想した曼荼羅世界に基づき諸堂が配置されたといわれます。その中心にそびえるのが「根本大塔」。
内部は、16本の柱に描かれた仏像や壁に描かれた八祖像など、堂内が立体曼荼羅となっています。高野山といえば、この根本大塔の朱色がまず浮かんできますね。内も外も、その迫力に圧倒されました。

金堂(国宝)では、この日より「不断経(ふだんぎょう)」が厳修されていました。


金堂は、開創当時は「講堂」と呼ばれ、一山の総本堂であったそうです。
不断経は、寛治8年(1094)より始まったと伝え、滅罪生善(めつざいしょうぜん)のために僧侶方が1週間、金堂の中を理趣経に節を付けて堂内を廻られるそうです。見学させていただきましたが、非常に変わった声明です。

愛染堂、大会堂(だいえどう)、三昧堂など。一つ一つが時代を経た美しさに満ちています。

古びて静かな佇まいの不動堂(国宝)

奥まったところに建つ西塔。幽邃な雰囲気が漂います。

六角経蔵と山王院。その奥には御社(みやしろ)があります。

御社! 高野山の開創にもかかわる御社の話はさらに長くなりそうです。

下は、「高野山真言宗総本山 金剛峯寺」




今回は金剛峯寺のご紹介はできませんでした。

かねてから高野山へ行きたいと願っていましたが、今回それがかないました。
先だっての堤先生から示していただいた講座がなければ学べなかったことでもあります。導いてくださったことに感謝し、いつかの講座にお伝えできればと思います。長々ご覧いただき有難うございました。

 

 

 

 

貴船から鞍馬へ 水の神、火の神

祇園祭が終わると、いよいよ夏真っ盛り。
連日、猛暑がつづきますね。
皆さま、いかがおすごしでしょうか。

貴船は、京都では夏に人気のエリア。
町中から17キロほど北、貴船口が分岐点で、ここから貴船川に沿ってさかのぼれば貴船神社に、鞍馬川をたどれば鞍馬寺への道。

この時季、貴船川沿いの道は貴船神社への参拝や川床を求めて来る人、車が行き交い、朝早くから賑わっています。


渋滞気味の貴船をぬけて鞍馬方面へ。
寅年も半分以上を過ぎてしまいましたが、7月になりようやく鞍馬寺にお参りしました。


鞍馬寺
鑑真和上の高弟・鑑禎(がんてい)上人が宝亀元年(770)草庵を結び、毘沙門天(びしゃもんてん)を安置したのが始まりと伝わり、現在は鞍馬弘教の総本山。毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊が三身一体の尊天として祀られます。
平安京の北方鎮護としても栄えたお寺。北の守護神「毘沙門天」が祀られるこの地から、都に向けてパワーが送られてきたのでしょうか。


金剛床(こんごうしょう)に立ち空を仰いで(笑)、本殿にお参りします。
狛犬ならぬ「阿吽」の虎は、毘沙門天のお使いの神獣。毘沙門天が、寅の月、寅の日、寅の刻に顕れたとされている所以です。

12年前の寅年、寅の月(1月)、寅の日に、堤先生が現地案内をされ、鞍馬にお連れ下さったのでした。京都・清遊の会の名はまだついていませんでしたが、思えば、その時が清遊の会の始まりともいえます。懐かしいですね。

水の神 閼伽井(あかい)護法善神社
本殿東側にある閼伽井護法善神社は、水の神が祀られています。
千年の昔、峯延(ぶえん)上人を襲った二匹の大蛇のうち、雄蛇は倒され、現在6月20日に行われる「竹伐り会式」の由来となり、雌蛇は本尊に捧げるお香水(こうずい)を永遠に絶やさぬと誓い、ここに祀られたそうです。

天井には玉眼入りのみごとな龍。

奥の院を遥拝し、霊宝殿へ。
国宝の毘沙門天立像や兜跋(とばつ)毘沙門天。鞍馬の毘沙門天様はいつ来ても圧巻。偉大なるパワーを感じます。

中門を経て、由岐(ゆき)神社へ。

岩間から清冽な流れを発見  !(^^)!




水音が山に響いて、涼味満点です (^-^)

「枕草子」に「くらまの九十九折といふ道」と綴られた九十九折参道。自然の冷気に癒されます。

下は義経公供養塔(東光坊跡)。牛若丸は、由岐神社の上手にあった東光坊で、昼間は仏道修行、夜は僧正ガ谷で天狗に兵法を授けられたという伝説があります。

由岐神社

通称 靫明神(ゆきみょうじん)。大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)を「由岐大明神」と総称し、主祭神に、相殿に八所大明神が祀られます。
元は宮中で祀られていましたが、大地震や天慶の乱などが起こり、天変地異を鎮めるため、時の朱雀天皇が天慶3年(940)、鞍馬山の地に遷宮をして鞍馬寺の鎮守社とし、都の北方鎮護を仰せつけられたと伝わります。
10月22日に行われる「鞍馬の火祭(ひまつり)」は、その遷宮のおりに、里人がかがり火を持ってご神霊をお迎えしたことに由来します。


          由岐神社HPより

そこで、今回新たに知ったのが、本殿向かって左手奥にあります三宝荒神社。


ご祭神の三宝荒神大神は火の神様。古くからこの地にお祀りされてきたとあります。
三宝荒神尊といえば先日の泉涌寺散策で、来迎院の荒神堂にお祀りされておりました。弘法大師が初めて勧請したという荒神様。怖ーいお顔を思い出します。竈にも祀られる荒神様に、人々は火への畏れと感謝を捧げてきました。

鞍馬には火の神が、そして川の向こうの貴船には水の神が祀られていて不思議なこと。興味は尽きません。

ご神木の大杉が祀られる大杉社を経て、由岐神社の拝殿を潜ります。珍しい割拝殿という形式。




帰りは「雍州路」にて、雲珠(うず)そばをいただきました (^-^)

鞍馬街道をさらに北へ。

花脊峠ちかくに湧き水があります。


美味しく超冷たい水がほとばしるように出ていました。
汲んで帰ります !(^^)!

もう一つ、水つながりで。
暑い中を帰ってきたなら、やっぱりこれおススメです。

京の夏の定番。亀廣永さんの「したたり」は黒糖の甘みがあとをひかない爽やかさ。
ご存じ菊水鉾ゆかりの和菓子ですが、祇園祭の余韻を感じながらいただいて、猛暑を乗り切りたいものです。