2022 初詣案内ご報告

1月15日、「七本松通の寺をめぐる!」の初詣案内は無事終了しました。前日は京都市内も8センチの降雪でしたが、翌日は天気も回復し、充実した散策となりました。
一部ですが、写真でご報告とさせていただきます。

華光寺の毘沙門天像にお詣り。

「封じ毘沙門天」の壺。悪いところを書いて奉納するのだそうです。

お向かいの光清寺。
弁天堂の「浮かれ猫の絵馬」
絵馬に描かれた猫が、近くの遊里から流れる弦歌にのって、絵馬から抜け出て踊り舞った話。

寺院の多いこの地が、遊里にも近かった歴史が垣間見えます。

下の「心和の庭」は玄関前の「心月庭」とともに重森三玲作。
(通常非公開、公開時の撮影)

出水通七本松の近辺には多くの寺院がありますが、この地は大内裏の「宴の松原」であったところ。

観音寺は伏見城の牢獄の門「百叩きの門」で知られますが、

もとは一条にあり、浄蔵貴所が一条戻り橋で父の三善清行を蘇生させた、その祈願をこめた観音様が祀られるお寺でもあります。

お庭ではだれが寝ているのかと思いきや?

ちらっと見せてね…
ワオ !(^^)!    参加のみなさんが発見されました😊

下ノ森通。むかしは相合図子通。遊里の名残を漂わせるかのように愛染明王が祀られるお寺もありました。

優しいお顔の石仏も道路から拝むことができました。

清和院では


地蔵菩薩立像をはじめ、阿弥陀三尊像や不動明王を参拝しました。

お越しいただいた皆さま、今回ご参加いただけなかった皆さま、
今後も情勢をみながら、講座や散策をご案内いたしますのでよろしくお願いいたします。

 

2022 初詣ご案内

七本松通の寺をめぐる!
       ─「出水の毘沙門さま」から「清和地蔵尊」まで ─

来年の干支は「寅歳」ですね。
「寅」は毘沙門天のお使いといわれ、12年前の寅歳は、寅の月、寅の日に、堤先生のご案内で鞍馬寺の毘沙門天にお詣りしました。懐かしい思い出です。

今回は「出水の毘沙門さま」と呼ばれる上京区の華光寺(けこうじ)にお詣りし、さらに清和院まで歩きます。
「出水の七不思議」の寺々やほかにも毘沙門天様が…。七本松通、出水通、仁和寺街道、相合の図子通…通りの名前にも歴史を感じます。

御所にあった染殿院ゆかりの清和院では、清和天皇のお姿に模して造立されたというご本尊の「地蔵菩薩立像」(重文)を特別に拝観。

さいごに、道中「毘沙門」の名にいくつ出会ったか数えてみてください !(^^)!

「町歩き」が好きだった先達にならっての町歩きツアー。参加しなければわからないワクワク感!
新年、みなさまのお越しをお待ちしております!
おかげさまにて多数のお申込みをいただき、締め切らせていただきました。

日程 1月15日(土)  荒天の場合は翌16日の予定
時間 10時30分~12時30分前後
集合 10時30分
   京都アスニー(京都市生涯学習総合センター) 玄関前
(丸太町通七本松西入)
行程 華光寺  →出水通の寺々(光清寺他)→極楽寺 →観音寺 → 清和院
解散 上七軒の交差点付近
参加費 2500円(拝観料・保険代込)
申込み 本HPフォーム、メール、ショートメール、LINE、お電話。
締切  1月7日まで ※多数の場合は7日を待たず締め切らせていただきます。

振込先
・京都銀行 紫野支店(162) 普通 3236638
京都清遊の会代表西山祐子
・ゆうちょ銀行(振替) 00930-7-233813京都・清遊の会
※実施日までのお振込にてお願いします。手数料はご負担ください。

   京都・清遊の会 中川 メールinfo@kyo-seiyu.net  https://kyo-seiyu.info/

華光寺



光清寺

宴の松原跡

七本松通 極楽寺と観音寺

観音寺 百叩きの門

清和院